自己紹介

自分の写真

朝ネスのマスターやってる人。
巷では「けもネス」って呼ばれてるけど、「朝ネス」です。
どうか間違えないでください。

2015年3月1日日曜日

Vagrantファイルのコメントを日本語化

Vagrantの諸設定で纏める……前にそもそもコメントが設定ファイルの9割以上を占める。
しかも英文。英語は苦手なので、機械翻訳で日本語化して、ここに残しとく。
軽くググっても日本語化が見つからないし。なぜだ……。


Vagrantfileについての日本語ドキュメント
http://lab.raqda.com/vagrant/vagrantfile/index.html


なんでVagrantfileにあるコメントを日本語訳してHPに載せてないが、
コメントより詳しく説明してそうな空気があるので、なんとなく見るといいかもね。



バージョンは「Vagrant 1.7.2」



# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
すべてのベイグラント構成を以下に行われます。
Vagrant.configure」の「2」設定バージョンを設定します
(我々は、後方互換性のための古いスタイルをサポート)
あなたは何をやっている知っていない限り、それを変更しないでください。


# The most common configuration options are documented and commented below.
# For a complete reference, please see the online documentation at
# https://docs.vagrantup.com.
最も一般的な設定オプションが文書化され、以下にコメントしている。
完全なリファレンスについては、「https://docs.vagrantup.com」にある

オンラインドキュメントを参照してください。


# Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
# boxes at https://atlas.hashicorp.com/search.
config.vm.box = "VagrantBoxAddの時に決めたbox名"
すべてのベイグラント開発環境は、ボックスが必要です。
あなたはhttps://atlas.hashicorp.com/search」でボックスを検索することができます。



# Disable automatic box update checking. If you disable this, then
# boxes will only be checked for updates when the user runs
# `vagrant box outdated`. This is not recommended.
# config.vm.box_check_update = false
自動ボックスの更新の確認を無効にします。
あなたがこれを無効にした場合、ユーザーが`vagrant box outdated`を実行するとき

その後ボックスが更新のみがチェックされます
これはお勧めしません

※vagrant box outdated 時代遅れのVagrantBox


# Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
# within the machine from a port on the host machine. In the example below,
# accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
# config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
ホストマシン上のポートからマシン内の特定の
ポートへのアクセスを可能に転送されたポートマッピングを作成します。
以下の例ではローカルホスト:8080にアクセス、ゲストマシンのポート80にアクセスします



# Create a private network, which allows host-only access to the machine
# using a specific IP.
# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
特定のIPを使用してマシンホストオンリーのアクセスを可能にする
プライベートネットワークを作成します


# Create a public network, which generally matched to bridged network.
# Bridged networks make the machine appear as another physical device on
# your network.
# config.vm.network "public_network"
一般的にはブリッジ型ネットワークに合わせたパブリックネットワークを作成します。
ブリッジネットワークは、マシンがネットワーク上の別の物理的なデバイスとして

表示されるようにします。


# Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
# the path on the host to the actual folder. The second argument is
# the path on the guest to mount the folder. And the optional third
# argument is a set of non-required options.
# config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"
ゲストVMへの追加のフォルダを共有します。
最初の引数は、実際のフォルダへのホスト上のパスです
第二引数は、フォルダをマウントするゲスト上のパスです
また、オプションの三番目の引数は、非必須オプションのセットです



# Provider-specific configuration so you can fine-tune various
# backing providers for Vagrant. These expose provider-specific options.
# Example for VirtualBox:
プロバイダ固有の設定を微調整できるようベイグラントのための様々なバッキング·プロバイダー
これらには、プロバイダ固有のオプションを公開します。
VirtualBoxのための例:

#
# config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
#   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
#   vb.gui = true
#
#   # Customize the amount of memory on the VM:
#   vb.memory = "1024"
# end
#
ただの仮想マシンの性能…CPUとかメインメモリ等…の設定

# View the documentation for the provider you are using for more

# information on available options.
あなたが利用可能なオプションの詳細については、
使用しているプロバイダのドキュメントを表示します。


# Define a Vagrant Push strategy for pushing to Atlas. Other push strategies
# such as FTP and Heroku are also available. See the documentation at
# https://docs.vagrantup.com/v2/push/atlas.html for more information.
# config.push.define "atlas" do |push|
#   push.app = "YOUR_ATLAS_USERNAME/YOUR_APPLICATION_NAME"
# end
アトラスにプッシュするベイグラントプッシュ戦略を定義します。
FTPやHerokuのようなその他のプッシュ戦略も利用できます。
詳細については、https://docs.vagrantup.com/v2/push/atlas.htmlでの
ドキュメントを参照してください


# Enable provisioning with a shell script. Additional provisioners such as
# Puppet, Chef, Ansible, Salt, and Docker are also available. Please see the
# documentation for more information about their specific syntax and use.
# config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
#   sudo apt-get update
#   sudo apt-get install -y apache2
# SHELL
シェルスクリプトでのプロビジョニングを有効にします。
そのような人形、シェフアンシブル塩、およびドッカーなどの

追加プロビジョニング担当も利用できます
彼らの特定の構文と使用の詳細については、マニュアルを参照してください




おまけ




アンテナ形状のスタビライザーが
どっか行った。

0 件のコメント:

コメントを投稿